借金の相談を無料でしかも匿名で申し込み出来る!

あなたの借金を全部チャラにする事だって可能です!

もうこれ以上借金を返し続けるのはやめにしませんか?

街角法律相談所に無料で相談しましょう!

▼街角相談▼

自己破産とはどんな債務整理なのか メリット・デメリット・手続きについて

自己破産って怖くないのかな、、不安だという方へ

 

債務整理の一種で、借金を全て帳消しにする制度です。
ここでいう借金はほぼ全てであり、金融機関に借りたお金であれば確実に無くなります。
ただし例外として、税金や賠償金、年金の未払い等は帳消しにはなりません。
また、個人間でやり取りした借金も法的手段に出れば別ですが、トラブルは残るでしょう。

 

自己破産のメリット

 

言うまでもなく、全ての借金が帳消しになる事です。
人生のリセットボタンともいえる制度であり、グレーゾーン金利と過払い金問題と共に自己破産の制度が有名になっていきました。
金銭的に最初からやり直せるので、将来に明るい展望が見えます。

 

自己破産のデメリット

 

まず目に見えるデメリットは、ブラックリスト(7年〜10年)入りする事です。
そしてそれを発端に起こるデメリットは、自己破産の情報が金融機関に広まってしまい、ブラックリスト期間が終わった後でも、金融機関から借金ができない事です。

 

また自己破産だけではありませんが、債務整理をすると郵便物が大量に届くようになります。
色々言葉は飾ってありますが「当社ならあなたにご融資できます」という意味の郵便物です。
高確率で闇金か評判の悪い個人営業の消費者金融なので、絶対に相手にしてはいけません。

 

郵便物と同時に電話もかなり掛かってきます。
信用情報に電話番号が載る訳ではないのですが、今の時代どうしても知識のある人が調べてしまうと自宅の電話番号は割れてしまいます。
人によってはかなり悩ませる事になるので、面倒ではありますが電話番号を変更しましょう。
着信拒否というのも手なのですが、相手は何種類も番号を持っている為いたちごっこになります。
携帯電話の場合は、電話帳登録外着信拒否の設定をしましょう。

 

そして目に見えないデメリットとして、自己破産だけは借金を帳消しにします。
勿論弁護士に手数料を払うので費用なしではないのですが、自己破産はそれだけです。
つまり、自己破産に陥る原因が自分のお金遣いにあった場合、生活を変えなければまた同じことになります。

 

喉元過ぎれば熱さ忘れるといいますが、大体2年後あたりが危険です。
今まで我慢していた付き合いや買い物ができるようになるので、借金時代のストレスを解消するかのようにお金を使ってしまう人も珍しくありません。

 

その結果お金が足りなくなっても、既にブラックリスト入りしているのでそう簡単には借りられません。
そしていつもなら見もせずに捨てる、怪しい金融の勧誘葉書に迷ってしまうのです。
大体この手の葉書は債務整理経験者に無差別に送っていますが、思惑としてはこうです。

 

「どうせ債務整理(特に自己破産)に追い込まれた人間なんて、またすぐに借金するに違いない」

 

どちらかというと債務整理に追い込まれた環境の問題ですが、結局のところそう思われているのは事実です。
借金への抵抗が薄れている人は、また借金に手を出してしまう可能性が高いのです。

 

自己破産できるのはどんな人?

 

簡単にいえば、マイホーム(土地を含む)を持っていない人です。
正確には資産価値がある物を持っている人が駄目なのですが、現実として自己破産できないレベルの資産となるとマイホームになります。
一応超高級車等も対象にはなるようですが、大体は自己破産を考える前に売っていることが殆どです。

 

いくつか例外はありますが、この条件を満たしていても自己破産が却下される場合があります。
自業自得の借金(主にギャンブル)であったり、過去に何度も債務整理を繰り返している人の場合です。
そう簡単に繰り返せるものではないのですが、自己破産→自己破産のループはほぼ不可能です。
考えるまでもなく、借金をして自己破産を繰り返す事などできる訳がありません。

 

過去に任意整理→自己破産という順番なら可能でしょう。
個人再生→マイホーム売却→自己破産というのもできなくはありません。
勿論事情が考慮されるので、最終的には裁判所の判断次第です。

 

自己破産の手続きはどうしたらいい?

 

弁護士や司法書士に相談しましょう。
その際に全ての借金を隠さず明らかにしなければ、借金は帳消しになりません。
たまに勘違いしている人もいますが、自己破産で帳消しになるのは手続きを経た借金のみです。
弁護士に言わないまま、隠していた借金まで帳消しになるようなことはありません。

 

一応選ぶこと(この借金は返す)も可能です。
が、奨学金だけは返す…等の気概は正直あまり意味のない決意と言わざるをえません。
その後の生活の為にも、変な意地を張らずに全てを帳消しにすることをお勧めします。

 

手続きとしては、まず破産宣告が可能か(引っ掛かる資産がないか)を調べます。
持ち家はここで引っ掛かるので、個人再生への切り替えも考えましょう。
自己破産の手続きを進める場合、家が売れてからでないと先に進めません。

 

何も問題が無ければ破産宣告をし、裁判所がそれを判断します。
個人差もありますが、1か月単位で時間がかかります。
弁護士に相談していれば借金の催促も利息も無くなっているので、この間に弁護士費用とその後の生活費を貯えましょう。

 

破産宣告が認められれば、めでたく自己破産完了です。
過払い金などがある場合は、会社単位でこの間に戻ってくることもあります。
弁護士費用が30万円前後掛かるので、その後はそれを分割で払っていく事になります。

 

 

自己破産は最後の手段といっても過言ではありません。
一度したらもう二度と借金はできないと考えて生活していきましょう。

▼こちらをクリック▼