借金の相談を無料でしかも匿名で申し込み出来る!

あなたの借金を全部チャラにする事だって可能です!

もうこれ以上借金を返し続けるのはやめにしませんか?

街角法律相談所に無料で相談しましょう!

▼街角相談▼

債務整理とクレジットカードの関係について

買い物に便利なクレジットカード。

 

現金を持っていなくてもクレジットカードがあれば支払いが出来ますが引き落とされるのは約2か月後になります。

 

カード会社に借金しているような状態ですので債務整理をするとクレジットカードを使うのは今まで通りにいかない事があります。

 

ここでは今までのカードが使えるのか、また新規で持てるのかなどをご紹介していきます。

 

債務整理した後持っていたカードはそのまま使えるの?

 

単純に結論からいきますが、使えません。
ただ使えなくなるタイミングに対しては、債務整理の種類によって差があります。

 

任意整理の場合

 

クレジットカード会社が、与信(顧客の信用情報を確認する事)を行うまで使えます。
会社によって差はあるのですが、クレジットカードには使用期限があるのでそのタイミングで確実に解約になります。
たまにクレジットカードが任意整理なら残せるという記事がありますが、これは使用期限までの話です。
さらに言うなら、与信をまめに行う会社の場合、精々数か月〜半年程度で債務整理の事実が判明してしまいます。
残せるという文言は間違いではありませんが、若干誇張気味な話です。

 

個人再生・自己破産の場合

 

まず支払いが残っていた場合、債務整理の対象になります。
つまり借金分の支払いは自己破産なら消えますが、当然クレジットカードは解約になります。
この場合は手続き上で必ずクレジット会社に情報がいくので、強制解約になります。

 

クレジットの支払いが残っていなかった場合も、任意整理と同じく与信か使用期限のどちらかで解約になります。

 

どちらにも共通していえる事なのですが、ほんの少しの間クレジットカードが残ったとしても自由に使える訳ではありません。
債務整理後に分割払いで商品を買ったとしても借金ですし、当然ですがその支払いが減額や帳消しにはなりません。

 

まさに、カードだけは少しの間持てるけれど…という話です。
クレジットカードに頼らず現金払いに切り替えていかなければなりません。

 

債務整理後にクレジットカードは新規作成出来る?

 

厳密にいうなら、持てる可能性はゼロではありません。
しかしクレジットカードは審査で判断されるので、債務整理の経歴が信用情報に残っている(ブラックリスト入り)以上、ほぼ不可能でしょう。

 

これは信用情報の記載期間が終わっても、判定が覆る事は殆どありません。
銀行・消費者金融・クレジットカード会社というのは提携が多いので、債務整理前とは違う会社で審査を受けたとしても、大体は情報が伝わっています。

 

債務整理後であっても、中堅消費者金融で融資を受けられる可能性はあります。
しかしクレジットカードの審査は、例えるなら大手消費者金融の審査より厳しいので、望みはないと思った方がいいでしょう。

 

可能性の話をするなら、ショッピング枠の殆ど存在しないクレジットカードになります。
消費者金融のクレジット機能付きカード等がそれにあたりますが、そもそもそういうカードを発行しているのは大手消費者金融なので、審査に通るのは難しいでしょう。

 

精神論になってしまいますが、債務整理後は借金できる環境から遠ざかりましょう。
全てがそうだとはいいませんが、結局後払いを繰り返したからこその債務整理であり、結果社会的信用を失っているのです。
債務整理を機に、自分はクレジットカード利用には向いていないと考える事をお勧めします。

 

後払いや借金に慣れ過ぎると、返さなければならないという感覚が薄れていきます。
債務整理をしたところで、その習慣を断ち切らなければお金を貯める事はできないでしょう。

 

どうしても作成したければデビットカードがいい

 

唯一債務整理後に持てるのが、デビットカードです。
デビットカードとは、言ってしまえば分割払いができないクレジットカードです。
支払いの時点で登録口座から引き落として支払いを行うので、預金分しか使う事ができません。
当然一括払いになるので、現金を持ちたくない方向けです。

 

口座を使い分けている方にとってはデビットカード枠、一つに預金を預けている方に関してはカード1枚で使えるお金の全てになります。
常に全財産の残高が表示されているようなものなので、買い物に対してとてもシビアになります。
クレジットカードから移行した方は最初は使い方を間違うかもしれませんが、慣れていく内に気付くでしょう。

 

日本国内でのメリットは手持ちの把握と、財布が嵩張らない程度です。
しかし海外で使う場合、デビットカードは必須といえるでしょう。
カードの種類と登録銀行の口座に左右されますが、両替せずに使える国も多いので便利です。

 

そしてデビットカード最大の利点は、海外での安全性です。
当然出掛ける国次第ではありますが、日本に比べれば外国はどこであっても治安が悪いでしょう。
財布を盗まれるという事は、場所によっては日常茶飯事です。

 

そして悲しい事実なのですが、日本人は日本人というだけで狙われます。
平和ボケしていて、お金を沢山持っている。
それが盗む側から見る日本人のイメージであり、どこに行っても狙われる対象です。

 

デビットカードだからといって安全な訳ではありませんが、カードのみ外側から触れられない場所に隠すだけでもかなり違います。
ただしあまりに穴場の国やお店に行くと、デビットカードそのものが使えません。
現地のお金を全く持っていないというのは、それはそれで不便です。

 

できることならば債務整理後しばらくは、現金のみで生活する事をお勧めします。
それが当たり前になった頃に、必要ならばデビットカードを考えましょう。
基本的に、カードが無くても生活に困る事はないのです。

▼こちらをクリック▼