借金の相談を無料でしかも匿名で申し込み出来る!

あなたの借金を全部チャラにする事だって可能です!

もうこれ以上借金を返し続けるのはやめにしませんか?

街角法律相談所に無料で相談しましょう!

▼街角相談▼

おまとめローンって何?メリットやデメリットについて

複数の借金があれば一本化出来返済が返済が楽になります。

 

複数の金融業者からの借金を、一つにまとめて借りるタイプのローンです。
簡単にいえば借金の肩代わりであり、相手が身内・知人から会社に変わっただけだと思ってください。

 

他のローンと違い、借りた分で返済をするので追加枠等はありません。
また余裕を持って借りる事もできず、あくまで借金分のみの融資になります。

 

おまとめローンのメリット

 

重ねて掛かっている利息分が浮く事です。
正確には浮くというより、将来的に上乗せされるであろう利息が少なく済む可能性があるというべきでしょうか。
借りている額と利息の割合次第なので、おまとめをしても得をしないというパターンもあります。

 

返済日は月1回

 

返済総額が決まっているので、月に決まった額を返済していく事になります。
借金の出口が見えるという意味では、それだけでもおまとめローンの価値はあります。
追加枠というものないので、延滞しない限り借金のゴールは決まっています。
この返済生活も後〇年で終わる、そう考えられるのがメリットです。

 

金利が低くなる

 

これは正直総額次第です。
おまとめローンはどうしても高額になるので、金利の数字(%)は低くなりますが、月々に掛かる利息が幾らになるかは計算次第です。
借りている会社が多ければ多い程、まとめた時の利息分も低くなります。

 

信用情報に傷がつかない

 

正確には、延滞前におまとめローンという選択をしていればという条件が付きます。
中々難しいのですが、おまとめローンを考えるのであれば決断は早めにするといいでしょう。
勿論延滞後でも、債務整理するよりは信用情報としての扱いは軽くなります。
一応おまとめローンで借りたお金だとしても、そこ以外の会社では完済扱いです。

 

おまとめローンのデメリット

 

文章にすると変に聞こえるのですが、何よりのデメリットは返済が難しい事です。
おまとめローンの返済は3年以上が普通で、返済回数の最大は120回(10年)が殆どです。
今の時代、10年後に同じ事ができているかというと、中々難しいのが現実です。

 

実際におまとめローンは、住宅ローンに次ぐ完済率が低いローンといえるでしょう。
その時は返せると思っていても、仕事環境の変化や給料額の変化で5年後には厳しくなった…というケースは珍しくもありません。
おまとめローンや他の長期ローンは、どちらかというと年功序列(この場合は年齢と共に給料が上がっていく)を前提としたプランなのです。

 

このご時世、10年後の自分が想像できる人の方が少ないと思います。
故におまとめローンは、判断が難しいのです。

 

審査は厳しい

 

おまとめローンの審査は厳しめです。
それも当然、総額は100万円を超える事も珍しくありません。
流石に普通に100万円借りるよりは審査は甘いですが、それでも高額の融資を受ける事には変わりないのです。

 

またおまとめローンを申し込む際は、詳細条件を確認しましょう。
借りるのは簡単でも、返済していく事自体が厳しい設定になっている事もあります。
月の最低返済額というのは絶対に設定されていて、どうしても総額で割るのでおまとめローンは最低返済額が高めです。

 

そもそもおまとめローンなのに、審査自体は借りている件数が少ない場合の方が通りやすいのです。
極端な例ですが、25万×4社で借りている人より、50万円×2社で借りている人の方が審査通過率は高めです。
1社で50万円引っ張れる方が、信用的にはいいだろうと判断されるのです。
ただ、そもそも50万円×2社の場合は利息的にもおまとめをしたところで大した得もありません。

 

実際のところ、おまとめローンの審査に通過する人は少ないのが現実です。

 

厳しい金融はどんなところ?

 

単純に信用を重視する所は厳しくなります。
普通で借りる場合にも銀行系カードローンは、審査は厳しく金利は緩めが特徴です。
これがそのままおまとめローンにもあてはまり、最大融資額は高いけれど審査は厳しくなるというパターンです。

 

審査的には銀行系(厳しい)→大手消費者金融→中堅消費者金融→おまとめローン専門業者(甘い)でしょう。
ただ中堅消費者金融でおまとめローンをやっているところは少ないので、実質大手をあたって駄目ならおまとめ専門業者に頼み、それが無理なら債務整理という順番になります。

 

無理するのは止めましょう。
信用情報的なデメリットはありますが、おまとめローンは下手に借りてしまった方が地獄という事も珍しくありません。
将来的な生活を考えるのであれば、債務整理をした方がずっと楽に暮らせるのです。
債務整理なら借金そのものの減額もありますが、おまとめローンはその時点での総額の肩代わりなので未来の利息分しか減りません。

 

収入次第ではありますが、100万円レベル…特に300万円〜500万円の借金を抱えてしまった場合、自己破産を考えましょう。
法律的にいうなら、借金は必ず返さなければならないものではありません。
おまとめローンを考える前に、弁護士に相談するともっといい結果になる事でしょう。

 

▼こちらをクリック▼